Project Description

プレゼミナール

4年間を通して多彩なゼミを用意しています

経済学部では、1年次から4年次まで、少人数制を基本としたゼミナール(ゼミ)が充実しています。
10~20人程度の少人数からなるクラスで、互いに議論しながら理解を深めることによって、問題意識を養い、視野を広げていくのがゼミ学習の目的です。
新入生は、「基礎ゼミナール」にまず所属することによって、少人数制のもとで大学生活になじみ、学び方の基本を身につけます。
2年次以降は、学生一人一人が関心の高い分野を自分自身で見さだめ、4年次~卒業に向けてより専門性の高い学修へと深化させていきます。

4年間のゼミ履修の流れ

Slide 基礎を固める 「基礎ゼミナール」、「現代の経済学入門」や「ミクロ経済学Ⅰ」、「マクロ経済学Ⅰ」などを履修し、学びの基礎づくりをします。 第 セメスター 1 専門分野を学ぶ
準備を進める
自らの将来像を思い描き、各クラスターの履修モデルに沿って単位を取得。より専門性の高い講義やゼミナールを履修します。 2•3 セメスター
今までに身につけた知識を応用することが可能になり、現実社会でおこる様々な事が説明できるようになります。 4•5•6 セメスター 専門分野に対する
理解を深める
将来(就職•進学)に
向けての活動
教員免許取得を目指す学生は、教育実習を行います。さらに、集大成として卒業論文を作成します。 7•8 セメスター
4年間の学びの流れ 全員が4年間ゼミナールに所属します。 基礎を固める 「基礎ゼミナール」、「現代の経済学入門」や「ミクロ経済学Ⅰ」、「マクロ経済学Ⅰ」などを履修し、学びの基礎づくりをします。 第 セメスター 1 専門分野を学ぶ
準備を進める
自らの将来像を思い描き、各クラスターの履修モデルに沿って単位を取得。より専門性の高い講義やゼミナールを履修します。 2•3 セメスター
専門分野に対する
理解を深める
専門分野に対する
理解を深める
今までに身につけた知識を応用することが可能になり、現実社会でおこる様々な事が説明できるようになります。 4•5•6 セメスター
将来(就職・進学)に
向けての活動
教員免許取得を目指す学生は、教育実習を行います。さらに、集大成として卒業論文を作成します。 7,8 セメスター
4年間の流れ 全員が4年間ゼミナールに所属します。
年次1年次2年次3年次4年次
期別前期後期前期後期前期後期前期後期
セメスター第1第2第3第4第5第6第7第8
ゼミナール基礎ゼミ
(初年次教育)
プレゼミ
(基礎教育)
専門ゼミ
(専門教育)
卒業研究・卒業論文
(専門教育仕上げ)

Slide 基礎ゼミナール 学生約15名に対し専任教員1人を担任として配置。少人数教育で大学での学び方、考え方の基本を身につけます。 プレゼミナール 経済学におけるそれぞれの専門分野をより深く学び、一つひとつの領域を理解していくための準備を行います。 専門ゼミナール 興味のある専門分野を追求し、学修を深化させます。少数数制を活かし、専門的な分析方法や理論を学びます。 卒業研究ゼミナール
卒業論文ゼミナール
学修の集大成としてグループ、個人でレポートの作成、研究発表、卒業論文を作成します。
基礎を固める 「基礎ゼミナール」、「現代の経済学入門」や「ミクロ経済学Ⅰ」、「マクロ経済学Ⅰ」などを履修し、学びの基礎づくりをします。 第 セメスター 1 専門分野を学ぶ
準備を進める
自らの将来像を思い描き、各クラスターの履修モデルに沿って単位を取得。より専門性の高い講義やゼミナールを履修します。 2•3 セメスター
専門分野に対する
理解を深める
4•5•6 セメスター 専門分野に対する
理解を深める
今までに身につけた知識を応用することが可能になり、現実社会でおこる様々な事が説明できるようになります。 4•5•6 セメスター
将来(就職・進学)に
向けての活動
教員免許取得を目指す学生は、教育実習を行います。さらに、集大成として卒業論文を作成します。 7,8 セメスター
4年間の流れ 全員が4年間ゼミナールに所属します。 全員履修

Slide 基礎を固める 「基礎ゼミナール」、「現代の経済学入門」や「ミクロ経済学Ⅰ」、「マクロ経済学Ⅰ」などを履修し、学びの基礎づくりをします。 第 セメスター 1 専門分野を学ぶ
準備を進める
自らの将来像を思い描き、各クラスターの履修モデルに沿って単位を取得。より専門性の高い講義やゼミナールを履修します。 2•3 セメスター
専門分野に対する
理解を深める
今までに身につけた知識を応用することが可能になり、現実社会でおこる様々な事が説明できるようになります。 4•5•6 セメスター
教員免許取得を目指す学生は、教育実習を行います。さらに、集大成として卒業論文を作成します。 将来(就職•進学)に
向けての活動
7•8 セメスター
4年間の学びの流れ 全員が4年間ゼミナールに所属します。
年次1年次2年次
期別前期後期前期後期
セメスター第1第2第3第4
ゼミナール基礎ゼミ
(初年次教育)
プレゼミ
(基礎教育)
専門ゼミ
(専門教育)

Slide
3年次4年次
前期後期前期後期
第5第6第7第8
専門ゼミ
(専門教育)
卒業研究・卒業論文
(専門教育仕上げ)

Slide 全員履修

Slide 基礎ゼミナール 学生約15名に対し専任教員1人を担任として配置。
少人数教育で大学での学び方、考え方の基本を身につけます。
プレゼミナール 経済学におけるそれぞれの専門分野をより深く学び、一つひとつの領域を理解していくための準備を行います。 専門ゼミナール 興味のある専門分野を追求し、学修を深化させます。
少数数制を活かし、専門的な分析方法や理論を学びます。
卒業研究ゼミナール
卒業論文ゼミナール
学修の集大成としてグループ、個人でレポートの作成、研究発表、卒業論文を作成します。

ゼミでは、仲間と共に議論しながら問題意識を養い、様々な視点からものごとを見る力を身につけていきます。日頃の研究の集大成が、毎年恒例の経済学部ゼミナール研究発表会です。
各ゼミナールの代表たちがそれぞれのテーマを持ち寄り、熱く議論を戦わせます。

ゼミナール研究発表会

ゼミナール紹介
担当教員テーマ
加藤 要一 教授地域経済と地場産業の研究
萱沼 美香 准教授現代社会と社会保障
芳賀 博文 教授福岡市の都市構造と都市開発
黄 完晟 教授中小企業の経営と社長学
宮野 俊明 教授分権時代の地方財政
北沢 良継 教授データ解析
田中 義人 教授コンピュータを用いたデータ解析の基礎
髙橋 主光 講師統計データを使うことで何がわかるのか
関根 順一 教授経済変動と現代日本の経済問題
下田 真也 准教授金融制度や金融機関に関する調査研究
金崎 雅之 准教授公共経済学の基礎と応用
岡本 哲史 教授グローバリズムと開発途上国
大宅 明美 教授世界経済の歴史から我々は何を学べるか
広瀬 恭子 准教授国際貿易について考える
玉井 敬人 准教授現代アメリカ経済の研究
外園 智史 講師世界の食料・農業問題
澤田 英司 講師地球環境と持続可能な経済活動
小沢 佳史講師「経済学者の生涯」からはじめる経済学
郭 智雄教授企業についての基礎と戦略
黒木 宏一講師まちづくり事業、イベント、組織づくり、地域マネジメント
園 弘子教授会計技能修得および会計的視点での分析・判断力獲得
髙尾 健朗准教授ミクロ経済学の基礎理論
中原 裕美子教授企業のアジア展開
古川 陽介講師「人々はなぜ消費しないのか」という疑問から始めるマクロ経済学
森 大建講師環境問題と経済理論の関係性の基礎を学ぶ
ゼミ詳細一覧