公共トラック

Home/公共トラック
公共トラック 2016-10-20T16:06:34+00:00

公共トラックでは、公務員をはじめとする公共性の高い職業をめざして学びます。

このような人におすすめ

  • 国家公務員や県庁・市役所・町役場などの地方公務員を目指す人
  • 国税専門官、入国管理官、警察官、消防官などの公務員、あるいは各種組合や共益法人の職員を目指す人

公共トラックでは、「官公庁・公益法人モデル」「警察官・消防士モデル」の二つの履修モデルを設けています。
それぞれのモデルでは、試験科目と関連付けて以下のような授業が推奨されます

学習内容科目名
経済学の基礎知識を学ぶミクロ経済学
マクロ経済学
統計学
経済政策
日本の制度を学ぶ社会保障論
地方行政論
憲法
民法
行政法
経済社会の歴史を学ぶ社会思想史
経済学史
経済史
経済思想史
経済学の理論を学ぶ国民所得論
経済原論
政治経済学
公共経済学
経営や行政について学ぶ地方財政論
産業組織論
経営学
労働法
学習内容科目名
経済学の基礎知識を学ぶミクロ経済学
マクロ経済学
統計学
経済政策
日本の制度を学ぶ社会保障論
地方行政論
憲法
民法
行政法
経済社会の歴史を学ぶ社会思想史
経済学史
経済史
経済思想史

卒業生のメッセージ

大学入学当初から「故郷で公務員になる」と決めていました

石田 匠吾さん 2012年3月卒
石田 匠吾さん 2012年3月卒勤務先 山口県庁
私は山口県出身なので、公務員として地元に貢献したいという強い希望を大学入学当初から持っていました。入学早々、現役合格のためには計画的な努力が必要だ(筆記試験対策はもちろん、広い知見、地域発展のための発想力、そしてコミュニケーション能力も!)と教授から言われ、公務員になったゼミの先輩にも沢山の助言をいただきました。大学時代は必死で頑張ったと自分でも思います。おかげで無事に現役で合格することができました。
九産大では、がんばる人を応援する制度が本当に充実しています。資格講座、海外研修、それから実践的な就職活動指導などです。九産大経済学部で得たこと、学んだことは、私自身の血や肉となり、社会に出た後も間違いなく役に立っています。
後輩の皆さん、大学ではさまざまな制度や設備を最大限に活用し、自分磨きにチャレンジしてみてください。

大切なのは、「大変なことから逃げない姿勢」

児玉 裕さん 2014年3月卒
児玉 裕さん 2014年3月卒勤務先 国立大学法人佐賀大学
当初は地方自治体の公務員を考えていたのですが、九産大の職員さんと接するうちに、大学職員志望に変わっていました。私が就職活動でお世話になったキャリアセンターの職員さんは、本当に学生のことを思ってくれました。自分もこんなふうになりたいと思ったんです。
現在、学部事務の総務に配属され、主に会計業務や施設関係の仕事をしています。
業務内容は多彩ですよ。何千万単位のお金も動かしますし、何十キロもする先生の机も動かします。
九産大経済学部では実に幅広い内容を学ぶことができました。その幅広さが経済学の魅力ですね。学んだことで何ひとつ無駄になったことはありませんが、一番の糧になったのはゼミです。先輩、後輩、同学年の仲間。そこで築いた人脈は自分のキャリアを決めるうえで大きな助けになりましたし、今でも宝物です。ひとつだけ後悔することがあるとすれば、あんなに充実した外国語プログラムがあったんだから、もっともっと利用してもっと英語力を高めておけばよかったなという点です。大学に勤めているとやっぱり、英語を自由に話せたら便利だろうなと思うことが多いですから。